忍者ブログ

Me Gusta ~ the story of my life ~

20100113-14 open
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/22 Tomomi]
[02/07 みか♬]
[12/13 ちかどん]

12.17.05:39

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/17/05:39

01.17.23:41

Standing ovation -美しい男-

所作が美しい人は自然と品格がにじみ出ていますね。
綺麗オーラで包まれている。


今日はお呼ばれいただき、早乙女 太一君の舞台を観てきました。
なんとBOX Seat!取り敢えず、手を振っておきました (ウキv)
BoxSeat.jpg






太一君は16歳の時、新歌舞伎座で最年少座長となった天才女形
18歳になったの太一君を拝見。
29a00ecb.jpeg








今回の舞台「美しき華」は「男」と「女」二部構成
前半「男」はジャニーズのような盛り上がりで若干、居場所を失い・・・
しかし、(一部)ラストの演目「タップ」に出演したタップダンサー SARO君の技量に感嘆。
笑いを含んだストリート テイストの構成でタップをラフで身近なダンスに感じることができました。
タップがここまで面白くてかっこいいとは☆
YouTube [Saro 君のタップ 2:35]
www.youtube.com/watch

そして、本命の後半「女」
はぁ・・・、美しい。
舞踏も素晴らしかったのですが、私は初めに出演者の方々を引き連れて行った「礼(お辞儀)」にゾッとする程の美しさを感じました。
舞台中心から前方へ歩みより、ゆっくりと膝をつき扇子を前に置く。
間合いを取り、左から右へと時間をかけて会場を見渡した後、深々と上半身を倒していく。
全ての動作が一つの「形(かた)」となり、時間が止まっているような感覚に陥る美しさでした。

所作が美しい人は自然と品格がにじみ出ていますね。
綺麗オーラで包まれている。
昨日のお茶のお稽古でも感じたのですが、日本美である「形」は素晴らしい。
手の運び、足さばき、体の動かし方、目線。
18歳の男の子、太一君から女性としての美しさを学ばせていただきました。

Hasta Mañana

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら